48

この間、思いなおしたが

やっぱり消えようかとも思いオロオロして

生きるにしても死体のようにしか

生きることができない

 

どうしよう…

 

誰も誰の瞳にも自分はいない

それは私ではない

ただ独り誰でもなくただ何ものでもなく

全ての視線の糸からこぼれ落ちて

嗚呼