幾度も死に損なった

機会が訪れるなら

 

死ぬこともまた決断を要すること

それだけでうんざりしてしまう 

ならば生きるほどの意志があるのかと

いわれれば、勿論ない 

 

例えば、世話になったひとに礼のひとつでもするために頑張ってみようというような気概がないのかと問われれば

確かに有り難いことだったとは思う。

だが生というものを深く観察していくとなにやら仕組まれたものであることを

考慮に入れざるを得なくなるのだ

 

上手く騙されるのも能力のうちである