自然というのがわからない

この二十年というもの、ずっとわからない

全てがぎこちなく違和感だけの存在

であること

関わらぬよう取り繕うことが

また何よりも他者に土足で侵犯しているのではないのかという疑念

彼等が不思議そうにのぞきこむ瞳に

それを私は確信するのである

 

錆び付いた精神

何万年もほったらかしの空虚

ただどこまでも張り詰めた糸