2018-09-21から1日間の記事一覧

39

行為が行為として生起するためには、主体において責任の所在を措定することが可能かどうかが問題となる 主体は常に行為を託さなければならない存在である 行為が成功するにしろ失敗するにしろ措定できることは、それが措定できないことよりも優れて機能して…

38

実際自由かと問うならば 全く自由ではない 相変わらず拘束されている むしろそれは強まっている いくら環境を変えたとしても ついてくるだろう なぜならそれは私という視点だからだ わたしがある限り影はあり続ける しかし影を排除したわたしなど私といえる…